ニューガイアギャラリー

ホーム > 柿右衛門

柿右衛門

柿右衛門は、主に大和絵的な花鳥図などを題材として暖色系の色彩で描かれ、非対称で乳白色の余白が豊かな構図が特徴である。上絵の色には赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられ、柔らかく暖かな雰囲気を感じさせ、濁手と呼ばれる独特の乳白色の地色は、赤色の釉薬との組み合わせによって非常に映えると言われる。江戸時代には海外に輸出され、白い黄金と呼ばれて絶賛されたという歴史を持ちます。磁器の発祥とも呼ばれる中国までその影響力は大きなものであった。その評価は日本だけでなくヨーロッパなど国際的な評価を得ています。柿右衛門は美術品としても価値が高く、酒井田柿右衛門の名はよく知られている和食器のブランドです。